大学が研究開発した化粧品

肌のハリが気になったら卵殻膜です

 

30歳を過ぎた頃から気になってくるのが、肌のハリの減少です。

 

ハリが無くなってくると、ほうれい線やたるみ、毛穴などが目立つ原因にもなります。

 

お肌にハリがあれば見た目も若々しく元気に見えます。

 

でもハリが減少し、ほうれい線やたるみが目立ってくると疲れて見えたり、実際の年齢よりも高く見られてしまうこともあります。

 

そんな肌のハリは、いつまでも若々しくいるための大切な条件と言えます。

 

ハリが減少する原因

 

肌のハリが無くなる大きな原因は「加齢」によるものです。

 

・加齢によって顔の筋肉が衰える
・加齢によって肌のうるおい成分などが減少する
・加齢によって肌が乾燥しやすくなる
・紫外線などの蓄積ダメージ

 

肌は、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3層からできています。

 

・肌の構造
1番外側「表皮」
表皮の下「真皮」
真皮の下「皮下組織」

 

 

出典:ヒーリングスペース

 

ハリや弾力のためのコラーゲンなどを生み出す層は、真ん中の「真皮」の層なのですが、年齢と共にだんだん働きが衰えてきます。

 

これが30歳を過ぎた頃からです。

 

さらに、表情筋という顔の筋肉もこの頃から衰えてくるので、コラーゲンなどの不足とダブルパンチでたるみなどが目立ってきます。

 

 

ハリを取り戻すには

 

年齢とともに無くなってしまった肌のハリを自然に取り戻すのは難しいです。

 

取り戻すためにはハリをもたらしてくれる美容成分を補う必要があります。

 

ハリのために重要な成分としましては、

 

・コラーゲン
・セラミド
・ヒアルロン酸

 

などが挙げられます。

 

この中でも特に重要なのはコラーゲンです。

 

コラーゲンは、肌の真皮層の70%を占めていると言われています。

 

この70%のコラーゲンが年齢とともに減っていくと、真皮の層がたるんできます。

 

つまりコラーゲンは、肌の弾力やハリを支えるために重要な役割をしていて、コラーゲンが満たされている状態は、肌にハリや弾力がある状態といえます。

 

そして逆に、年齢と共にコラーゲンが減少してくると、肌の表皮(一番外の皮)を支えられなくなり、その結果たるみが出てハリや弾力も失われるということになります。

 

 

 

ハリ不足をサポートするにはV型コラーゲン

 

V型コラーゲンというコラーゲンをご存知でしょうか。

 

サイト内の他の記事でも書いていますが、人の体には主に、「T型コラーゲン」と「V型コラーゲン」の2つのコラーゲンが存在しています。

 

この2つのコラーゲンの特徴としては、T型コラーゲンは強く硬い繊維性のコラーゲンで、V型コラーゲンは細く柔らかい繊維性のコラーゲンとなっています。

 

■人の体の2大コラーゲン
・T型コラーゲン(硬いコラーゲン)
硬いコラーゲン繊維で弾力は無い

 

・V型コラーゲン(柔らかいコラーゲン)
柔らかいコラーゲン繊維で弾力がある

 

この2つのコラーゲンですが、実は年齢によって比率が変わるコラーゲンで「年齢が積み重なるにつれてV型コラーゲンは減少し、T型コラーゲンは増えていく」と言われています。

 

具体的にご説明しますと、赤ちゃんの肌には柔らかく弾力があるV型コラーゲンが多く含まれています。

 

ですので赤ちゃんの肌は、ハリのあるモチモチ肌です。

 

しかし、年齢が積み重なるにつれて、赤ちゃん肌のV型コラーゲンは減少していきます。

 

そして、硬く弾力が無いコラーゲンであるT型コラーゲンが増えてきます。

 

柔らかいコラーゲンが減って硬いコラーゲンが増えていく

 

つまり、これがハリ不足などの大人の悩み肌の原因になります。

 

この事からV型コラーゲンはハリを始めとする美容にとって、とても重要なコラーゲンになります。

 

しかし問題は、V型コラーゲンは体の中で自然に作られていくものではない上に、年齢に伴う減少を止めることはできません。

 

年齢と共に減少ししてくV型コラーゲンを維持したり、新たに作るには外から補うしかありません。

 

そこで、この減少していくV型コラーゲンの生成をサポートする成分として、注目されている美容成分が東大とアルマードの共同研究から誕生した「卵殻膜」です。

 

 

 

 

V型コラーゲンを生み出す卵殻膜エキス

 

V型コラーゲンの生成をサポートする卵殻膜ですが、まず「卵殻膜とは何か?」というのをご説明させていただきます。

 

読み方は「らんかくまく」で、卵殻膜とは、「卵の殻の薄皮」のことです。

 

分かりやすいのは、ゆで卵をむくときに、殻の後ろに白く薄い膜があると思います。

 

あの白い薄膜が卵殻膜です。

 

そしてこれを美容エキスにしたものが「卵殻膜エキス」になります。

 

その卵殻膜ですが近年、東京大学と化粧品会社であるアルマードの共同研究によって、美容にとても効果があるものだということが明らかになりました。

 

卵殻膜には、コラーゲン、ヒアルロン酸、18種類のアミノ酸、シチスン、プロテオグリカン、シアル酸といった美容にとって貴重な成分が豊富に含まれています。

 

具体的に卵殻膜には、

 

・ハリ・ツヤ・弾力
・透明感
・うるおい
・浸透、導入
・キメを整える

 

などのチカラがあり、化粧品にはとても嬉しい美容成分です。

 

そして、卵殻膜が美容成分として特に注目されているのが、ハリの源でもある、

 

「V型コラーゲン」の生成をサポートできるところです。

 

現在コラーゲン配合などの美容液は沢山ありますが、V型コラーゲンをサポートできる化粧品は数少ないです。

 

卵殻膜には、年齢とともに減少していくV型コラーゲンの生成をサポートするチカラがあり、肌の弾力やハリ、キメ、うるおいを補うことができます。

 

つまり先程のお話の、年齢を重ねていくたびに減っていく真皮層のコラーゲンの生成をサポートすることができるのが卵殻膜エキスになります。

 

 

 

ハリ、弾力のために必要なV型コラーゲン。

 

そして、V型コラーゲンの生成をサポートする卵殻膜。

 

この卵殻膜エキスを全体の95%と高濃度に配合し30代からのハリ不足や乾燥をサポートしてくれるのが、卵殻膜美容液「ビューティーオープナー」となります。

 

 

 

モンドセレクション2年連続金賞受賞

国内売り上げNO.1卵殻膜美容液

『ビューティーオープナー美容液』

>>詳細ページはこちらです♪<<

 

 

 

⇒トップページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加