大学が研究開発した化粧品

秋に出てくる肌悩み「夏老け肌」にも卵殻膜

夏老け肌

 

夏老け肌夏老け肌をご存知ですか?

 

「あれ?こんなシミあったっけ?」

 

「最近何だかハリがなくなった...」

 

「乾燥気味で肌がくすむ...」

 

 

春には無かったシミが気になったり、透明感やハリが無くなった気がする、いつもと同じスキンケアなのに肌がくすんできた...など、夏が終わる頃に出てくる肌の悩みが、「夏老け肌」です。

 

夏老け肌は、夏から秋にかけて出てくる肌の悩みで、原因は蓄積された夏のダメージです。

 

・夏の紫外線ダメージ
・エアコンによる乾燥
・冷たい物をよく飲むことで疲れた身体
・夏の疲労蓄積

 

 

夏老け肌

 

知らない間に溜まっていった夏のダメージは、夏が終わる頃から肌に現れ始め、さまざまな肌悩みに繋がります。

 

夏老け肌は、簡単にいえば「肌の夏バテ状態」です。

 

夏老け肌は、蓄積された夏ダメージによって時間差で表れ始めます。

 

特に、乾燥が進む秋にかけては、

 

夏の蓄積ダメージ+季節の乾燥

 

で急激に夏老け肌の進行が進みます。

 

シミ、くすみ、ハリの無さを秋に残さないためにも、夏老け肌には早めの対策が大切となってきます。

 

夏老け肌

 

 

夏老け肌夏老け対策にもピッタリな卵殻膜

 

夏の終わりに気になって来る、

 

・シミ
・くすみ
・ハリの減少

 

これら夏老け肌は多くの場合、「乾燥していて潤いが足りていない」状態です。

 

夏の紫外線やエアコンによって徐々に乾燥した肌は、肌の生まれ変わり周期であるターンオーバーの乱れに繋がり、シミやくすみの原因になります。

 

ゴムも乾燥が進むと、次第にツヤや弾力を失い、最後にはひび割れします。

 

肌も同じで、ハリやツヤを維持するためには潤いが必須となってきます。

 

この夏のダメージを受け、乾燥してしまった肌にピッタリなのも卵殻膜です。

 

 

 

 

卵殻膜は浸透に優れていますので、夏老けで乾燥した肌にスッと浸透し、18種類のアミノ酸とコラーゲン、ヒアルロン酸が乾いた肌に、みずみずしいハリ、ツヤ、潤いを補ってくれます。

 

さらに卵殻膜に豊富に含まれているシスチンは、肌のターンオーバーにも働きかけますので、紫外線の一番の悩みであるシミ対策にもつながります。

 

⇒シミと卵殻膜についてはコチラの記事もどうぞ

 

 

秋、冬にかけて急激に老けた。。。というお悩みを持つ方は実は少なくありません。

 

そうならないためにも、夏の終わりに「何となく肌が変わった」と感じたら早めの対策をオススメします。

 

モンドセレクション2年連続金賞受賞

国内売り上げNO.1卵殻膜美容液

『ビューティーオープナー美容液』

>>詳細ページはこちらです♪<<

 

 

⇒トップページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加