大学が研究開発した化粧品

深いほうれい線を卵殻膜で浅く!3型コラーゲンのチカラ

卵殻膜ほうれい線

 

卵殻膜ほうれい線年々深くなっていくほうれい線

 

30歳頃から気になり始める肌悩みの1つの「ほうれい線」

 

同じ年齢でもほうれい線があるだけ年上に見られてしまうことも。

 

逆に、40代、50代になってもほうれい線が無い人は若く見えたりもします。

 

ほうれい線は、見た目年齢を上げてしまうだけでなく、夕方になるとファンデーションがシワの溝に落ちて化粧が崩れるなど、女性にとって大きなストレスとなります。

 

【ほうれい線のストレス】
・あるだけで実年齢より老けて見える
・溝にファンデが崩れさらにシワが強調される

 

そんな女性にとって厄介なほうれい線ですが、原因を知って対策する事で予防、改善することができます。

 

 

卵殻膜ほうれい線ほうれい線が深くなる原因

 

ほうれい線とは、鼻の両脇から唇の両端に伸びる線ですが、実は若い時から誰にでもある線です。

 

厳密に言えばシワではなく、「頬の境界線」と言われていますが、笑うなど表情を変えるとよく分かることから「表情シワ」とも呼ばれます。

 

若い時は、ほうれい線の溝(線)は浅いので、表情を変えないと目立ちにくいですが、年齢を重ねるにつれて溝が深くなっていくと、常にほうれい線が分かるようになります。

 

そして、老けて見えるということに繋がります。

 

卵殻膜ほうれい線

 

若い時は浅く目立たなかったほうれい線が、深く目立つようになる一番の原因、それは、

 

顔のたるみです。

 

顔がたるんできて頬の脂肪が垂れてくると、ほうれい線が深くなり目立つようになります。

 

顔のたるみには、いくつかの原因がありますが、大きな原因は以下のものです。

 

【顔がたるむ原因】
・真皮層のコラーゲン、エラスチンの減少
・表情筋の衰え
・乾燥

 

1つずつご説明させていただきます。

 

 

卵殻膜ほうれい線真皮層のコラーゲン、エラスチンの減少

 

人の肌は、「表皮」「真皮」「皮下組織」という3つの層から成り立っています。

 

【肌の構造】
1番外側「表皮」
表皮の下「真皮」
真皮の下「皮下組織」

 

 

そして、ハリや弾力の元であるコラーゲン、エラスチンは通常、表皮の下の「真皮」に存在しています。

卵殻膜ほうれい線

 

しかし、このコラーゲンはエラスチンは年齢を重ねるごとに減少していく性質があります。

 

真皮のコラーゲンやエラスチンが減少すると、皮膚の表面である「表皮」を支えられなくなり、その結果、肌が垂れます。

 

卵殻膜ほうれい線

 

これまでは、真皮のコラーゲンやエラスチンが土台となってハリがあった肌も、土台がなくなると垂れてハリも失われてしまいます。

 

特にコラーゲンは、真皮層の70%を占めています。

 

そのコラーゲンが年齢と共に減少すると、その影響はダイレクトに肌の表面に表れてしまいます。

 

つまりこれが「真皮層のコラーゲン、エラスチンの減少」による顔のたるみとなります。

 

 

表情筋の衰え

 

続いての顔の衰えの原因は「表情筋の衰え」です。

 

表情筋というのは、顔の目や口、鼻などの周りにある筋肉のことで、笑ったり、怒ったり、泣いたりなど人の様々な表情を作るための筋肉となっています。

 

 

表情筋は、体の筋肉と同じで、「加齢」や「使わないこと」で衰えていきます。

 

顔の筋肉を使わないというのは、無表情の時が多いなどです。

 

体の筋肉は加齢などで衰えてくると、体の重みとバランスを支えられなくなり、猫背など姿勢が悪くなってきます。

 

 

つまり、顔にも同じことが言えて、表情筋が衰えると頬の脂肪や顔全体のハリを支えられなくなり、下に垂れていきます。

 

垂れた肌は、ほうれい線はもちろんのこと、シワや毛穴も目立たせますので、さらに老け顔を招く原因にもなります。

 

表情筋の衰えを防ぐには、体の筋肉と同じで使うことやトレーニングすることが大切です。

 

 

特に1日パソコンに向かうデスクワークなど、表情を変えることがあまりない方は注意が必要です。

 

表情筋のトレーニングとして、表情筋エクササイズなどもありますが、覚えるのが面倒だったり、忙しくてやる時間が無い方は、

 

何かの合間の数秒でも、目を見開いて眉を動かしてみたり、大きく口を開けて「あ、い、う、え、お」と言ってみたりするだけでも効果はあります。

 

大切なのは、なるべく無表情にならないように意識することです。

 

 

乾燥による顔のたるみ

 

3つ目の顔のたるみの原因は「乾燥」です。

 

乾燥と顔のたるみってあんまり関係が無いように思えますが、実は乾燥もたるみの原因となってしまいます。

 

皮膚の表面である「表皮」が乾燥してダメージを受けると、そのダメージは徐々に皮膚の下の層へ広がっていきます。

 

表皮が乾燥する理由としては、

 

・紫外線ダメージによる乾燥
・冬の湿度低下による乾燥
・過度の洗顔

 

などが挙げられます。

 

そして、表皮が乾燥によるダメージを受け続けると、そのダメージは下の肌層である真皮にも広がってしまい、その結果、真皮のコラーゲンやエスラチンに影響が出てしまいます。

 

 

そして、先程と同じくコラーゲンやエスラチンが影響を受けて減少してしまうと、肌の支えが無くなり肌が垂れるということに繋がります。

 

これが乾燥による顔のたるみ原因となります。

 

乾燥は、たるみだけでなくシワ、くすみ、ツヤなどにも大きく影響しますので、冬だけでなく1年を通して保湿を意識することが大切です。

 

 

ほうれい線の原因である「たるみ」に卵殻膜

 

それでは以上が、ほうれい線が深くなる原因である「顔のたるみ」の原因となります。

 

・真皮層のコラーゲン、エラスチンの減少
・表情筋の衰え
・乾燥

 

そしてこれらのたるみの原因の内、

 

・真皮層のコラーゲン、エラスチンの減少
・乾燥

 

に効果を発揮するのが卵殻膜です。

 

 

卵殻膜には、年齢と共に減少していく3型コラーゲンの生成をサポートする働きがあります。

 

つまり、真皮の減少していくコラーゲンを増やし、ほうれい線の原因となるたるんだ肌にハリや弾力を与えることができます。

 

そして、卵殻膜にはヒアルロン酸を始めとする18種類のアミノ酸が自然な形で含まれていて、乾燥した肌にみずみずしい潤いを与え、しっかりと保湿します。

 

これによって減少していくコラーゲンを補い、潤いを与えることで、ほうれい線を始めとする年齢肌の悩みに強く応えることができるのが卵殻膜というわけです。

 

実際に卵殻膜美容液ビューティーオープナーを使ってみての感想記事も書いています。

 

ほうれい線や毛穴など、肌の変化を書いていますので是非ご覧下さい。

 


⇒実際に使ってみました!ビューティーオープナーの感想

 

それでは以上が、卵殻膜が深いほうれい線を浅くするご説明となります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^_^*)

 

 

⇒トップページに戻る

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加