大学が研究開発した化粧品

卵殻膜ってどんな美容効果があるの?

 

 

卵殻膜エキスの美容効果

 

東京大学と(株)アルマードの共同研究の末に誕生した卵殻膜エキスですが、実際にどんな美容効果があるのか調べてみました。

 

まず、卵殻膜というのは名前からも想像できるように、「卵の殻の薄膜」の事で、その薄膜から抽出したエキスが卵殻膜エキスとなります。

 

卵殻膜エキスの美容効果としては、

 

・透明感を与える
・ハリ・ツヤ・弾力を与える
・うるおいを与える
・浸透力に優れている
・キメを整える

 

などがありますが、一番嬉しい、そして卵殻膜エキスが特に優れている美容効果というのが「V型コラーゲンの生成サポート」です。

 

 

卵殻膜エキスはV型コラーゲンの生成をサポート

 

それでは、V型コラーゲンとはどういったものなのかをご説明させていただきます。

 

人の肌に存在するコラーゲンは大きく分けて2つのコラーゲンが存在します。

 

その2つのコラーゲンというのが、

 

・T型コラーゲン
・V型コラーゲン

 

です。

 

このT型とV型のコラーゲンは、美容にとって大きな影響があるコラーゲンです。

 

そして、T型とV型にはそれぞれ特徴があります。

 

 

T型コラーゲンとV型コラーゲンの特徴

 

T型コラーゲンとV型コラーゲンの特徴を簡単にまず簡単にご説明しますと、

 

 

・T型コラーゲンは硬いコラーゲン

 

・V型コラーゲンは柔らかいコラーゲン

 

 

となっています。

 

そして、実はこの2つのコラーゲンは年齢によって存在の比率が変わるコラーゲンです。

 

具体的には、赤ちゃんの肌には柔らかいV型コラーゲンは多くの含まれています。

 

しかし、年齢を重ねるにつれて柔らかいV型コラーゲンは減少し、硬いT型コラーゲンが増えていきます。

 

このT型とV型の比率が変わってくるのが大体20代後半あたりからと言われています。

 

つまり、V型コラーゲンを多く含む赤ちゃんの肌はプルプルもっちもちですが、V型コラーゲンが減って、T型コラーゲンが増えてくると大人の肌悩みが増えてくるということになります。

 

V型コラーゲンは、食べ物から摂るのが難しいとされていて、サプリメントでもV型コラーゲンが摂れるものはほとんどありません。

 

そこで、V型コラーゲンをいかに効率良く増やすか、東京大学とアルマードが研究し辿り着いたのが「卵殻膜」です。

 

卵殻膜には、V型コラーゲンの生成をサポートするチカラがあり、年齢と共に減少していくV型コラーゲンの維持に働きかけます。

 

これによって、赤ちゃんのようなもっちり感に近づけることができ、大人の悩み肌にハリや弾力を与えます。

 

このV型コラーゲンの生成サポートこそが、他の化粧品にはできない卵殻膜エキスの大きな美容効果で、東大とアルマードの研究成果となります。

 

 

モンドセレクション2年連続金賞受賞

国内売り上げNO.1卵殻膜美容液

『ビューティーオープナー美容液』

 

>>ビューティーオープナーの詳細ページはコチラです♪<<

 

 

 

⇒トップページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加