大学が研究開発した化粧品

卵殻膜美容液で国内シェア1位獲得

 

卵殻膜美容液で国内シェアNO.1獲得!

 

東京大学と(株)アルマードの共同研究から誕生した、卵殻膜エキス美容液「ビューティーオープナー」ですが、

 

この度、国内の卵殻膜配合美容液の中で売り上げNO.1を獲得しました。

 

【調査概要】広報向け資料引用
調査元:東京商工リサーチ 「卵殻膜配合美容液に関する調査」

 

調査対象:化粧品の小売販売を主とする企業において、2017年7月〜12月の期間中に通信販売されていた、卵殻膜エキス90%以上配合の美容液

 

調査方法:面談、電話インタビュー、店舗インタビューなど

 

調査結論:『ビューティーオープナー』は上記期間中において約6.1億円を売り上げており、国内でそれを超える商品がなく、『ビューティーオープナー』が国内の売上シェア1位であることが分かりました。

 

ビューティーオープナーは、東大の研究成果が結集した、1ヶ月だけで50000本が売れる卵殻膜美容液です。

 

卵殻膜化粧品を始めるなら、まず最初に試してみたい美容液ですね(*^_^*)

 

モンドセレクション2年連続金賞受賞

国内売り上げNO.1卵殻膜美容液

『ビューティーオープナー美容液』

>>詳細ページはこちらです♪<<

 

 

 

⇒トップページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加